南ときわ台歯科 インプラントセンター|東京都板橋区南ときわ台にある歯科医院(インプラント治療、審美歯科、予防歯科、矯正歯科)
設備紹介
スタッフ紹介
アクセス・診療時間
インプラント治療
All-On-4とは?
インプラント10年保証
審美歯科治療
ホワイトニング
入れ歯
メール相談
TOPページへ
 
歯医者、歯科医院 板橋区
歯医者、歯科医院 板橋区
歯医者、歯科医院 板橋区
●南ときわ台歯科 インプラントセンター
南ときわ台歯科では皆様の口腔内の健康を守るため、日々歯科医療を研鑽しております。 特にインプラント治療には力を入れており、常に最高の歯科医療の提供を目指しています。
●所在地
〒 174-0072
東京都板橋区南常盤台 1−34−1
●診療時間
×
×
平日:10:00〜12:30/14:00〜19:00
土日:10:00〜13:00/14:00〜18:00

休診:木曜・祝日
歯医者、歯科医院、板橋区ときわ台、インプラント治療
 
東京都文京区白山1丁目33-8 朝日白山M107にある広野歯科医院へのバナー
 
 
入れ歯
歯医者、歯科医院 板橋区
歯医者、歯科医院 板橋区
歯医者、歯科医院 板橋区

入れ歯とは
歯医者、歯科医院、板橋区ときわ台、インプラント

誰でも入れ歯にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。

入れ歯は痛くて硬いものは噛めない、見た目が悪い、バネをかけられた歯が早く弱る等あまり入れ歯の評判は世間的に良くはありませんが、お口全体の 治療計画をしっかり立てて、適応症にあった入れ歯を選択して作ると、入れ歯でも歯への負担を少なくし、かなりしっかり噛めるようになります。

入れ歯 イメージ

入れ歯の種類
歯医者、歯科医院、板橋区ときわ台、インプラント

良く知られている入れ歯の種類は、歯の一部が残っていてそれに留め金をかける部分入れ歯、歯が全く無いときに使う総入れ歯です。でも部分入れ歯、総入れ歯共に、使う材料や留め金の種類によってさまざまな物があります。


部分入れ歯の種類
歯医者、歯科医院、板橋区ときわ台、インプラント

アタッチメント入れ歯
部分入れ歯の留め金の部分が雄雌の差込み式になっています。
通常の留め金のように噛んだ時の留め金の動きがないので入れ歯が安定し、しっかり噛めます。
また留め金が外に出ないので見た目も良くなります。

バルブラスト
通常の部分入れ歯の材料よりも弾力がある材料で出来ている入れ歯です。
入れ歯の床自体で歯に固定させますので、留め金が無い入れ歯に出来ます。
また入れ歯を薄く出来るので、装着感が良くなり、違和感が少なくなります。

バルブラスト
バルブラスト
なにもつけていない状態
一般の入れ歯を付けた状態
バルブラスト
バルブラストをつけた状態

白いバネの部分入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
部分入れ歯のバネは、今までは金属で作るものが主流で、審美的にはあまり良くありませんでした。
白いバネの入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)は、バネ部分がアセタル樹脂という熱可塑性レジン(歯科用プラスチック)で作られています。
今までは、お口の中の詰め物や被せ物を白いものに変えても、最後に部分入れ歯を入れると、金属のバネが見えて、審美的に満足のいかない場合が多くありました。

白いバネの部分入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
白いバネの部分入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)
一般的な金属バネの部分入れ歯
白いバネの部分入れ歯(ホワイトクラスプ入れ歯)

マグネット入れ歯
歯の根が何本か残っている場合に、根に磁石を付けて入れ歯の保持を増したものです。
特に下顎の総入れ歯の場合、浮き上がりが少なくなり、より良く噛めるようになります。

金属製入れ歯
通常プラスチックでつくる歯茎にあたる部分を、金属で作った入れ歯です。
プラスチックに比べて金属は歯茎の形をより正確に再現できるため、歯茎との密着度が増して、より噛めるようになります。
また入れ歯安定剤なども必要なくなります。もちろん歯茎に当たる部分のみ金属で、歯と歯茎は普通の色をしています。

チタン製入れ歯
部分入れ歯の基礎の金属が最も生態親和性が良いチタンで出来ています。
軽くて薄くできるので、装着感が良く、違和感も少なくなります。